酸素カプセルの仕組みについて

酸素カプセルとはどんな物

酸素カプセルは、運動選手が治療や疲労回復で使用するのが主流でした。

 

最近では、一般の方が利用できる専門サロンなども増加しています。
 
また、専門サロンだけでなく
整体店などが酸素カプセルを導入している場合も多くなっています。
その為、一般の方の利用も増加し、より身近な物になっています。

 

酸素カプセルの使用方法は、カプセル内に入り密閉空間を作りだします。
カプセル内部は、人が1人寝ころべるサイズになっています。
密閉空間となったカプセル内は、
加圧装置によって気圧が標準より1.1倍から1.5倍程度に加圧されています。

 

機種によっては酸素濃縮機を備えており、
酸素比率の高い空気を内部に充填します。

 

酸素カプセルの効果は、リラックス効果や疲労回復効果、
血行促進効果などが期待できると言われています。
加圧された内部環境で横になる事で、肺胞から酸素を取り入れる効率を向上させます。
この為、血液中に酸素が溶けやすくなると言われています。
また、細胞に効率的に酸素供給がおこなわれるとされています。

 

人間は、通常の生活で多くの酸素を必要としています。
酸素は、毎日の生活の中で食物の消化吸収や新陳代謝などをおこなう為に使用されています。
はるか昔地球の大気には、酸素が35%もあったと言われています。
しかし、現在では大気中の酸素は約20%前後に減っているとされています。

 

また現在は、人間の活動以外にも
排気ガスや食品添加物などによって酸素消費量が増加しています。
その為、現在は酸素不足になりがちで酸素カプセルが一般の方にも注目されています。

酸素カプセルと酸素濃度の関係

酸素カプセルが身体に良い理由は、現代人が酸素不足になりがちだからです。

 

現在は、人間の本来の身体活動以外にも
排気ガスや食品添加物などによって酸素の消費量が増加しています。

 

酸素の供給は、健康と美容にとって非常に大事な役割を果たしています。
それは、人間の細胞を働かす為には酸素が必要不可欠だからです。

 

一般的に人は、血液中の酸素濃度が18%以上必要とされています。
通常空気中の酸素濃度は、21%と言われています。
酸素カプセル内は、酸素濃度を30%から35%に保持できる場合が多いです。

 

酸素カプセルは、ヘンリーの法則を利用した健康法になります。

 

ヘンリーの法則では、気体は気圧の高さに比例して液体に溶け込むとされています。
その為、酸素カプセル内を加圧する事によって、
より多くの酸素を血液に溶け込ませる事ができると言われています。

 

しかし、一定以上の高濃度酸素を長時間与えると人体に悪い影響を与えます。

 

人体に影響を与える吸引時間は、酸素濃度が50%で48時間、
酸素濃度が60%で12時間以上と言われています。
その為、酸素カプセルの酸素濃度を30%から35%程度の酸素濃度では、
人体に悪影響はないと言えます。

 

人体の酸素消費量の20%から25%は、脳で消費されています。
脳の酸素が不足すると、集中力が低下したり、頭痛がおこったり、
運動機能が低下したりします。
酸素カプセルを利用して酸素を十分に脳に送りこむ事は、
脳の働きをより高める為にも効果的です。
また全身に酸素が行き渡る事で全身の血行が改善され、
新陳代謝を高める事もできます。
その為、慢性的な全身のこりや冷えを原因としたさまざまな疾患にも効果が期待できます。

 

 

更新履歴